シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界初!カーボンファイバー3Dプリンター 情報セキュリティEXPO

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
日本のモノづくり、人づくり、事づくりライター西 奈緒美が勝手に総力取材!
気になるオモシロ技術やサービスを記事にさせていただいております!!

本日は先週、東京ビックサイトで開催されてました「IT Week 」
展示会のDSCブースの中より、ご紹介させていただきます!

DSCブースについて

IT Week 春 毎年開催されてます展示会でIT関係の展示会として
かなり大きな展示会です。秋にも開催されてます!
私はその中で情報セキュリティーEXPOへ行ってきました。

IT WEEK 春

第14回にもなるんですね~。

そしてこちらのブースにお邪魔いたしました!!
データ・セキュリティー・コンソーシアム(通所:DSC )
17社からなる共同展示ブースです。

DSCとは・・・
情報(データ)を取得するところから、利用し、保管し、復旧し、廃棄し、
再生するまで、プロセス毎に集まった各組織が相互に協力しデータの健全な
活用を通して社会に貢献する
連携体です。

DSCを設立から継続まで引っ張ってこられた唐鎌さんのお元気な姿もお会いできました。

17社の共同展示ブースにはさまざまな製品・サービスが展示されており
広いビックサイトをくるくると回るよりも非常に効率のよくさまざまなサービスを
一気に見学できるというのが魅力的です。
DSCのコンソーシアムは、縦軸のビジネスを意識した連合体でして同業種の集まりでは
ありません。(情報関連に関わるゆりかごから墓場まで、そして再生へ)という
テーマの元に集まった異業種の集まりです。
出展社同志も異業種になりますから刺激になりますし、自社のお客様ももしかしたら
興味をもてる面白いサービスがあるかもしれませんよね。
自社が直接関係なくても、お互いに紹介したり、されたりと異業種がつながりが
仕事になるケースもあるわけですから、同じ業種の展示会よりも面白いことやアイディアや
多角的な目線や思考が交差して面白いものが生まれやすい土俵であると感じます。

世界初 画期的1個でも炭素繊維の部品が作れる!3Dプリンター

DSCのブースの中で一番初めに私が食いつきましたのが
カーボンファイバー3Dプリンターです。
世界初!!ということで、アイグローバル株式会社様がデータ作成から3Dプリントの造形
までをすべてやっていただけるというものです。
私としては「ついに出た!!!やっぱり出た!ほらっ!でた!」って感じです。
やっぱりすごいのは強度ということです。
これなら実際のプロトタイプでも実用で使えるに耐えるだけの強度があります。
素材はオニキス。(ナイロンも造形可能)ガラス繊維よりも強くて軽い、
熱伝導性もあり摩耗や柔軟性、衝撃性にも優れた素材です。
実際にこのプリンターを使って部品をつくりプロトタイプの製品を完成させた機械も
DSCブース内、NPO法人あんとんねぇよ 様にあり機械に装着されて使われてました。
実装してつかえるというのはすごいですね!!

カーボンファイバー3Dプリンターの様子

すごく軽くて、強い部品でした。サンプルいただきました!

データ制作もアイブローバルさんにお任せできますがソフトも非常に使いやすそうで今はやりのクラウド型ソフトです!

これは金属メーカーさんや自動車メーカーさんなどきっとお役にたつ3Dプリンター!だと
感じました。アメリカの製品とのことでこちらもDSCのブース内にて販売を請け負っておられる株式会社ディジタル・ストリームス様でご購入も出来ます。なんでもアメリカMIT出の
機械ですがコンパクトでお値段をきいてもイロイロタイプはあるようですが
数千万もするようなものではありませんよ。自動車1台分ぐらいかなぁ~。
ご興味のある方はお問合せしてみてください。「西さんから聞いた」と言えば
きっといろいろ優しくしてくれるはずです。たぶん・・・(笑)
機械販売だけでなく、試作データ作成、造形までしてもらえるわけですから
コンソーシアムって1社の力をテコの原理を使うみたいな威力がありますね!!

いやぁぁ~すごいなぁぁ~。

つづく

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする