シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新品ゼロ!世界初の100%リサイクルのショッピングモール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
日本のモノづくり、人づくり、事づくりライター西 奈緒美
気になるオモシロ技術やサービスを紹介にさせていただいております!!
本日は「新品ゼロ!世界初の100%リサイクルのショッピングモール」です。

新品ゼロ!リユース、リサイクル、アップサイクルだけの店

リサイクル王国、スウェーデンにある ReTuna Återbruksgalleria です。
日本のお店だと、リサイクルショップや古着屋さんや骨とう品屋さんはアリアリな話ですが、
アップサイクルもおいているお店ってちょっと聞かないですね~。
地元のリサイクルセンターと連携し、不用品を効率的に修理をしたりして
使えるものは使う。リペアのために50人の地元のアーティストを起用して雇用にも
貢献しているとかっ!!人が集まると不用品も数が集まり、買い物を楽しむだけでなく、
定期的に環境関連のイベントなどを開催しているという。
やはり要は「長く使う」「循環させる」ということなんでしょうね。

リサイクル大国スウェーデンで新たな試み
世界初の100%リサイクルのショッピングモール|地球ニュース|Think the Earth

ゴミになるモノを、もう一度社会に使われるものにする

最近は廃棄物をつかったアート作品などもあり、環境問題へのメッセージを
訴える作品もありますが、やはりアートだけでは持続性という意味においては
気づきや情報として知るきっかけにはなるかもしれませんが、実際のアクションを
起こすとなると、これまた違うパワーがかかりますし、消費社会においても
実際にゴミも価値があるとしてマネタイムをしていく仕組みづくりをしないと
「いいことやってよかったね」だけでは継続性は難しいと私は感じています。
2015年淀川テクニック様 作品

2015年淀川テクニック様 作品

私は環境への啓発活動的アート活動を否定しているわけではなくて
その行為はむしろ必要だと感じてます。アートは沈黙の証言者であり、圧倒的存在感と
リアリティと説得力があります。それはそれで大事なのですが、そういう活動すらも
継続・循環できる仕組みづくり。お金なるきっちりマーケットにすること。
持続可能にしていく仕組みづくりは必要だと思うのです。
そうでなければ趣味レベルで埋没しやすいです。
日本で中古・リサイクル専門でアップサイクルのアーティストをを集めて
このようなショップができたら!!そして消費経済の中でも、一つのマーケットとして
必要とされる柱として存在すること。これは私自身の夢でもあります。
消費社会の現代では買ったら、必ず捨てるという行為がもれなくついてきます。
その「捨てる」ことにお金や時間を使うのではなく、修理やリサイクルやアップサイクルで
新たな価値を見出しお金と時間をかける。そういう新しい価値観の提案ができる
人のあつまる場所を作りたい!!そこには唯一無二なオリジナルの商品を購入できたり
自分はいらないけど、他の人のために販売したり、リペアのHowto教室を開いて
自分でも修理などできる技術やテクニックを教えてもらったりできる場所。
長く使える、そして循環させる仕組み!!

夢だなぁ~。

2015年淀川テクニック様 作品

写真作品/ 淀川テクニック

リサイクルプラスチック商品専門の 有限会社GREEN PLUS

スウェーデンのショッピングモールみたいなのを日本でも作りたい!!

弊社は現在、起業当初のリサイクル原料の売買だけではなく、その原料を使った
部材の販売をしております。しかしそれではまだまだオリジナリティーとしては弱くて
これを独自ブランドをつくり再生プラスチックを使った製品の提案をしたいと
考えています。その名も「Hight PLA」(ハイプラ)ブランド計画。
弊社の部材を使って製品をつくり、それを販売したり、また中古として販売できる
システムをつくれないかと現在仕組みづくりをしております!!
家具からガーデニングなど廃プラと呼ばれていたものがもう一度社会で使われる。
そして廃棄されるのも極力最小限にとどめアップサイクルや部材としてリサイクルが
できるような製品づくり!アーティストとコラボしてもいいかもしれませんね。
*有限会社GREEN PLUS再生プラスチック 角材・平板材 ネットショップサイト

弊社の部材で制作されました

弊社の部材で制作されました

弊社の部材で制作されました

おわり

Hight PLAブランドに興味のある方はお問合せフォームよりご連絡ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする