シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

たまにあるご質問「環境ホルモンについては大丈夫ですか?」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 環境ホルモンについては大丈夫ですか?

A:大丈夫です。
環境ホルモンといいますと「ダイオキシン」のことになるかと思うのですが
ダイオキシンが発生する要素のある素材は使用しておりません。

 補足事項1
ダイオキシン(類)については一部のメディアの誇張した情報が出回り
科学者の方がも「あれは誤報だった」いわれるほどの科学スキャンダルでした。
現時点では人への毒性については急性のものはなど確認されておらず
慢性毒性についても極めて低いとも考えられています。
補足事項2
ダイオキシン(類)については、塩素と燃やすという行為がおこれば自然にも
生成される可能性もあるものです。食品にも超微量ですがあります。
塩素というと端的にいうと「塩」です。
塩が付いたものを焼却すると発生する可能性が高いです。
しかし、通常の生活において人体への急性毒性は生じません。
◆関係省庁共通パンフレット(PDF)
https://www.env.go.jp/chemi/dioxin/pamph/2012.pdf

スポンサーリンク
スポンサーリンク




スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする